料理教室を始めるきっかけ 9

カテゴリー ヒオキイヅミのハナシ, 米粉, 米粉パン, 闘病関連0件のコメント

結婚以来、置き去りにしてきた身体と心と向き合いだしてすぐ、

   

   


「パン食べたい」
     

    


ああああああああああ
    

    


決意したじゃん、わたし!!!

こんなもんかよっ!!!
    

    


本当に、

    

   


さすが、

    

    


餓鬼!!!

   

   
栄養の無いものを食べすぎてきた私の身体は、様々な中毒症状があった。

   

中でもひどかったのは、シュガーブルースと小麦依存。
  

菓子パンとキット〇ットに依存していたのだから、当然である。
  

毎日悶々としながら、自分を律していたある日。
  

唐突に視界に入った。
   

「グルテンフリー米粉のお菓子」
上原まりこ先生の著書だった。(蛇足ですが、小林麻央ちゃんが購入されて話題になった本です。)

   

という文字。

    

「え?米粉」

  

呟いたのを覚えている。
なんのことはない、生協のカタログにその文字を見つけただけである。

  

心音が高鳴った。何かに出会った時の、ドキドキが抑えられない。
いやいや、投薬の副作用だって。更年期障害だよ。

という謎の自戒を自分に課したが。

  

止まらない。

  

貪るように調べた。

「グルテンフリー」と「米粉」

  

え?

小麦粉アレルギーだけでなく、健康食として「グルテンフリー」という言葉が存在している!?

超ヘルシーじゃん!?

しかも、

お菓子だけじゃないの?

パン、焼けるの?!

パン?!

「ぱん!!!」

  

「パンが食べたい」

  

「米粉パンが食べたい」

  

「米粉パンを焼けるようになりたい!」

  

あっという間の出来事だった。

2016年、12月のある日のことだった。

  

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。